宮城道雄小曲集を弾きましょう!実音でお聴きになれます。

『宮城道雄小曲集』をご存じですか?



お箏の手ほどき集として、これほど親しまれている教則本はございません。
生田流のお箏のお稽古と申しましたら、
どなた様もまずこのご本で基本のお勉強をなさっていらっしゃるのではないでしょうか。

宮城道雄は、『春の海』など数々の名曲を作曲なさった稀代の天才でいらっしゃいますが、
後進の指導者としても、たくさんのご功績を残されました。
この手ほどき集の作曲がそのひとつでございます。

また、歌詞のほとんどは、
葛原勾当のお孫様にあたられる葛原しげるがおつくりになられました。
とりたてて作詞者に言及していない曲は皆
葛原しげる作歌でございます。





はんなりと可愛らしく、優しく、いとおしい小さな練習曲の数々を
美緒野会会員様方とご一緒に、楽しくお勉強をしながら
これから少しずつ音源を入れてまいります。

お稽古のよすがに・・・

少しでも初心者様のお手伝いができましたら幸いでございます。







ところで、大好きな小曲集なのですけれども、
初心者様にご指導いたしますときに
たったひとつ、いつも困ってしまいますのが、お調絃(チューニング)の難しさでございます。

そこで・・・
ものすごく大胆不敵なことではございますが、
初心者様を、お調絃であまりお悩ませすることのないよう、
私共美緒野会のお教室では、双調の曲の場合でもお調子替えをしないで、
少なくとも始めのほうは全部盤渉(B)の平調子に合せてお練習しております。

特にお断りしていない限り
ひとまず全部、このお調子で弾いてまいりますので、
一旦、お調弦してしまいましたら
そのままのお調子でどんどんお練習を進めて頂けます。
お声の幅に少し無理があったりいたしますけれども、
そこのところは、どうぞおおらかなお気持ちで・・・
お許し下さいませ。







<お調子あわせ>

ここをクリックして頂きますと、一の音から順番に巾の音まで、実際の音が二回聴こえます。
ゆっくり流れますので、よく聴きながら、同じ高さの音に合わせて下さい。
お調子合せの出来上がりです。


平調子
(盤渉ばんしき
F# F# F#





<宮城道雄小曲集・第一集>邦楽社発行


練習@ 練習A 練習B 練習C 練習D
ロバサン  (一)ろばさん ろばさん トコトット おみみぴょこぴょこトコトット
 (二)カララン カララン 首のすず おみみぴょこぴょこトコトット
   唄 星野 詔子
  箏 小野真由美
テンテマリ  (一)真っ赤な大きなお花の絵 きれいに描いたゴムのまり
    私の手鞠テンテマリ  テントンテントン テントンテン
    テントンテントン テントントン
 (二)上手に身軽に喜んで どこでも弾むゴムのまり
    私の手鞠テンテマリ  テントンテントン テントンテン
    テントンテントン テントントン
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
福寿草

(三絃とのお合奏は
三絃ページ
にてお聴き下さい)
床に飾れる福寿草 今日咲き初めぬ やさし嬉し 
 その名目出度き福寿草 黄金の色も ゆかし嬉し
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美

お正月ですから


 (一)父さま、鼓をちょっと貸して お正月ですからポンポコポン
 (二)母さま、三味線ちょっと貸して お正月ですからチテツツテン
 (三)姉さま、お箏をちょっと貸して お正月ですからコロリンシャン
 (四)弾き初め舞い初め唄い初め 友達集めてオホホホホ
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
お宮とお寺  (一)お宮に何がありますか  石のだんだん大鳥居
    みたらし狛犬おしめなわ お手々ぱちぱちおがみましょ
 (二)お寺に何がありますか 大きいお屋根のご本堂 
    四本柱の鐘つき堂 お手々合わしておがみましょ
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
吉野山

(三絃とのお合奏は
三絃ページ
にてお聴き下さい)
吉野山 霞の奥は知らねども 見ゆるかぎりは 桜なりけり
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
練習E 練習F 練習G 練習H 練習I
小 鳩
まる窓 小鳩 春の日ながに 顔出して
 まる窓 小鳩 おてんと様も ねむそうな
ねんねんころりを歌ってる
  唄 上田茉友子
  箏 上田  紀子
岩もる水 岩もる水も 松吹く風も しらべをそふる つまごとの音や
あな面白の 今宵の月や 心にかかる 雲霧もなし
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
雪のペンキ屋 雪のペンキ屋 屋根をぬる 門の屋根 倉の屋根 寺の屋根
道をぬり 野をぬり 山をぬる 大きな大きな 刷毛であろ 
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
春の園 春の園 紅にほふ 桃の花 したてる道に いでたつ乙女
(万葉集/大伴家持)
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
小狸小兎   (一)こんこん小山の小狸は おはら鼓も打たないで
     早く寝た夜夢を見た 親の仇を取った夢
  (二)こんこん小山の小兎は 踊り疲れて気持ちよく
     早く寝た夜夢を見た 狸と仲良くなった夢
                            
  唄 山田 桜子
  箏 荒井  恵
    小野真由美
朝の雪昼の雪晩の雪   (一)朝ふる雪はサーラサラ 木の葉木の葉にサーラサラ
  (一)昼ふる雪もサーラサラ 木の葉木の葉にサーラサラ
  (一)夜ふる雪もサーラサラ 窓で時々サーラサラ
  (一)窓をあければチーラチラ 灯にてらされてチーラチラ
  唄 山田 桜子
  箏 小野真由美
    
君のめぐみ のどけき春の あささめに 萌え出でぬ 草もなし
君のめぐみは あめのごと 民の栄え 草のごとし
(大和田健樹作歌)
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
花咲爺
  (一)枯木に登って あちらの枝に こちらの枝に
     パッパッパッパッ 灰をば ふりかけ ふりかけながら
     花咲爺さん 嬉しそう嬉しそう
  (二)枯木の枝にもきれいな花が 見る見るうちに
     パッパッパッパッ 咲いては喜ぶ 花咲爺さん
     殿様までも お喜び お喜び
  唄 上田茉友子
  箏 上田  紀子
春 霞 春霞 色の千草にみえつるは たなびく山の 花のかげかも
(古今集)
  唄 井上 寛子
  箏 小野真由美
雛祭り


 (一)赤い毛氈緋毛氈 赤い段々緋段々 緋桃白桃花の枝
    桜橘 絵雪洞 右に左にだんだんに 並べて雛のお祭り日
 (二)五人囃子に官女衛士 随身並ぶ下段には
    金具も蒔絵も金銀の お道具揃えて上段に
    お行儀の良い内裏様 お嬉しそうな お顔つき
 (三)餅は草餅菱の餅 赤白青の重ね餅 さざえ蛤お煎り豆
    赤飯白酒なんなりと どうぞご遠慮なさらずに
    私は雛菓子ごちそうさま
  
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
  
一番星二番星 一番星見つけた 一番星は山の上
二番星見つけた 二番星は森の上
一番星はきらきらきん 金星あれは王子様
二番星はぎらぎらぎん 銀星あれはお姫様
金の冠金の靴 山の金星王子様
銀の冠銀の靴 森の銀星お姫様
  唄 上田茉友子
  箏 上田  紀子
     小野真由美
大蛇退治
勝った亀の子
(本手のみ)
 (一)向うのお山へ着くまでは 少しも休まず登っていって
    とうとう 兎に勝ちました 勝った亀の子万々歳
 (二)相手を遅いとあなどって 途中でうっかり寝ているうちに
    とうとう小亀に負けました 負けた兎の恥ずかしさ
  唄 山田 桜子
  箏 荒井  恵
    小野真由美
大井川 大井川 花と月との朧夜に ひとりかすまぬ波の音かな    唄 星野 詔子
  箏 小野真由美
花よりあくる 花よりあくる みよしのの 春のあけぼの 見渡せば
唐人も高麗人も 大和心になりぬべし
練習J 練習K 練習L 練習M 練習N  O
岩間とぢし 岩間とぢし 氷も今朝はとけ初めて 苔の下水 道もとむらむ
(新古今集/西行法師)
  唄 金田和歌奈
  箏 小野真由美
かざしの菊 露ながら おりてかざさん菊の花 おひせぬ秋の ひさしかりけり
(古今集)

この曲は壱越(D)で弾いております。





<宮城道雄小曲集・第二集>邦楽社発行

山と雲 山が雲までのびたのか 雲が山までおりたのか
山を隠した白い雲 雲に隠れた黒い山
      
藤の花 風が何かささやくと 藤の花はうなずいた
池の水がきたので 風がおこって波たてた
  唄 冨田 綾子
  箏 小野真由美
山の上
(一)誰もきかない山の上 朝早くから鳴いている
鳥は何鳥名なし鳥 名なし小鳥がよい声で
鳴きたいだけよく鳴いている
朝日をあびて 朝風うけて

(二)誰も見に来ぬ山の上 朝早くから咲いている
花は何花名なし花 名なし草花よい色で
咲きたいだけよく咲いている
朝日をあびて 朝風うけて
   唄 星野 詔子
  箏 小野真由美
雪の雲 (一)うつくしの雪の雲よ 空をいまかくしゆく
ふれや雪散れや花 土白くなるまで
(二)うつくしの雪の花よ 土をいまかくしゆく
     うちつれてふりきつつ なほ積もれ明日まで
(大和田健樹作歌)
   唄 星野 詔子
  箏 小野真由美
笛の音  
    (一)梅散るゆふべの山里に ひとこえ響くは誰が笛ぞ
    (二)夕月しずかにほの見えて 暮れ行く木蔭は誰が宿ぞ
    (三)流れにまじりてたえだえに 聞こゆる笛の音誰が里ぞ
             (大和田健樹作歌)

         この曲は壱越(D)で弾いております。

 
富士の高嶺 するがなる富士の高嶺は朝見れば
姿よき山 夕見れば けしきよき山
春の日は霞もよし
秋の日は晴るるも嬉し

夕づく日沈みしのちの
大空に誰がきけん
くれないに濃き紫に
薄墨にかはるもすごし
富士の嶺はくすはしき山 うつくしき山
(大和田健樹作歌)
後唄の少し前
のところで、
お調子替えが
ございます。

八を半音下げ、
九を一音上げて
この音
いたしましょう。
海 棠
盛りいみじき海棠に 灌ぐも重し春の雨
花の恨みか喜びか 問はんとすれど 露もだし
聞かんとすれど 花いわず
夕べしづかに風吹きて 名残の露は払われぬ
風の情か嫉みにか
問はんとすれど露もだし
聞かんとすれど 花いはず

この曲は壱越(D)雲井調子で弾いております。

  




















宮城道雄小曲集<箏曲編>