地唄箏曲美緒野会 The world of traditional Japanese music 

小野真由美プロフィール目次(HOME)お問合せ



ごあいさつ Site Policy


 世の中の多くの方々にできるだけ広く邦楽を楽しんでいただきたいという願いを込めて、1979年7月に発足した地唄箏曲美緒野会でございますが、気がついてみましたら、いつの間にやら35年を越える月日が流れておりました。これまで多くの方々に、抱えきれないほどたくさんの学びや気づき、かけがえのない楽しさや幸せを頂戴してまいりましたことに心から感謝申し上げます。

 先達の先生方に伺いますと、むかしのお稽古とは、日曜日とお正月以外は毎日通うものだったそうでございます。楽譜もございませんので、少しずつお習いして覚えたら次に進むといったふうで、一回のお稽古は、さあほんの5分ほど…お稽古がおわっても急いで帰るでもなく、次の間で他の方のお稽古を聞き覚えしながら過ごしていらしたのだそうです。古き佳き時代、長閑にゆったりと流れていたらしい時間の優雅さに、うっとりしてしまいます。21世紀に暮らす私達のなかに、こんなにも贅沢な時間を過ごせる人達が、いったいどれだけいらっしゃるでしょう。

 望んでも得られないものでしたら、何か工夫はないものかと周囲を見回してみましたら、忙しい現代社会を生きる私達には、インターネットという新しい便利なものがございました。唄は世につれ世は唄につれ…時空を旅する心意気はそのままに、少しだけ現代ツールを加えた21世紀型のお稽古スタイルを模索しておりますのが、弊サイト『地唄箏曲美緒野会~邦楽の世界~』でございます。

 
これからも、皆様の貴重なご意見を伺いながら、守り伝えていかなければならない伝統のありかたと、柔軟に変化させてゆくべき伝統のありかたとを問い続けてまいりたいと考えております。今後とも地唄箏曲美緒野会をよろしくお願い申し上げます。













小野真由美プロフィール

地唄箏曲美緒野会主宰(東京都港区在住)

箏曲生田流宮城社師範
生田流富士美会教導

東京都港区邦楽邦舞連盟代表理事
大分県三曲協会会員
森の会会員

大分県大分市出身
大分大学教育学部附属幼・小・中学校卒業
大分県立大分上野丘高等学校卒業
 


 

1974年 故村田寿恵子の薫陶を得て、人間国宝故宮城喜代子に師事
1975年 東京芸術大学音楽学部邦楽科入学
1978年 全国宮城会コンクール一般の部秀位入賞
1979年 同大学卒業とともに『地唄箏曲美緒野会』設立
1980年 第1回美緒野会温習会(以降20回まで毎年開催)
1984年 アメリカ合衆国:コロラド大学音楽ホールにてリサイタル『16世紀の音楽~東洋と西洋』
アメリカ合衆国:デンバーブデストチャーチにてコンサート
1991年 九州系川瀬派の重鎮富樫教子に師事
1995年 大分市平和市民公園能楽堂にて母校大分県立大分上野丘高等学校創立110周年記念行事 『小野真由美箏リサイタル』
1996年 東京都四谷:紀尾井小ホールにてリサイタル 『古典~現代』
1998年 大分コンパル文化ホールにて『チャリティーコンサート・日本の響』開催。益金416,330円を大分県立高校文化連盟日本音楽部に高校生たちの活動資金として寄贈
1999年 東京都港区赤坂区民センターホールにて温習会『第1回 地唄と箏曲の会』発足
2000年 オーストリア:ウィーンコンチェルトハウスにて『ジャパンフェスティバル』参加
2002年 東京都港区赤坂区民センターホールにて温習会『第4回 三曲歌ざんまい』に改名。以降毎年開催
2007年 ロシア:サンクトペテルブルグ国立音楽院オペラ・バレエ劇場にて 『サンクトペテルブルグ日本文化フェスティバル』参加
2008年 東京都四谷:紀尾井小ホールにて記念演奏会『第十回 三曲歌ざんまい』
2009年 東京都:日本橋公会堂にて『第11回三曲歌ざんまい』以降毎年開催
2010年 中華人民共和国上海市にて日中音楽交流演奏
2015年 スロベニア共和国リュブリャーナ:スパンスキ・ボルチにて単独コンサート
クロアチア共和国ザグレブ:リシンスキホールにてクロアチア国立民族舞踊団LADOとジョイントコンサートザダル:聖ドナト教会にてユネスコ世界無形文化遺産KLAPAとジョイントコンサート。クロアチア国営テレビ番組生出演



 




目次(HOME) お問合せ このページのtopに戻る
Copyright(c) 2009-15 MIONOKAI JAPAN All Rights Reserved.